2013年11月17日

プログラミングの勉強を始めた動機


今回は私がプログラミングを学んでみよう!
と思った動機について……。

PHP と Perl、SQL の勉強をしながら別のブログに、
アウトプットというか学習記録を残してたんだけど、
それぞれのブログの最初の方に目標も書いてました。

「ファイルなどを共有できるニッチなサイトを作る」
「プログラミングを使った動的なサイトを作ってみたい」

何かすごく漠然とした目標ですね(^_^;)

プログラミングというもの、それでできることを知ったときは
テンション上がってけっこう舞い上がってましたよ。

SNS とかショッピングカートとか自分で作れちゃうの~?って。
はっきり言ってバカですね(-_-)

もしかして自分には実はプログラミングの才能があって、
バリバリのプログラマーになれちゃったりして……
な~んて今だから言うけど、そんな淡い期待も抱いてました。

勉強を始めてすぐにその期待は打ち砕かれましたけどね。

でも興味を持ち始めてからは、プログラミングについて
色々調べるようになりました。

その結果、自分でプログラムを組めなくても
オープンソースというものを利用できることが分かったし、
API なるものの存在も知りました。

そして夢(妄想?)もどんどん広がっていきました。

無料配布されてるスクリプトも無数にあるから、
そういったものをカスタマイズできる程度の知識があれば
何とかいけるのではないか……?

そんな風に考えがシフトしていったんですね。

HTML も少し知ってるだけで、無料ブログとか
色々いじれるようになるじゃないですか。

それよりもうちょっとハードル高いぐらいの感じかなぁ、と。

今では目標の一つが「スマホアプリの作成」です。
動的なサイトを作ることもまだまだあきらめてないですし。

プログラマーになるのは無理そうだし、
自分でプログラム書けるようになれるかどうかも怪しいけど、

プログラミングの勉強を始めたことは
本当に正しい選択だったと思ってます(^^)v

プログラミングと出会ったきっかけについて書いてます↓
プログラミングとの初めての出会い



この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。