2013年12月07日

開発者による開発者のためのマッシュアップ: ErrorStack


今回は開発者によってデザインされた、
開発者のためのマッシュアップ・サービスになります。

一言で言うと、エラー・データの管理・分析を
開発者がやりやすいようにするものです↓

ErrorStack

Google App Engine API と Twilio API が
使われてます。

英語の stack には[積み重ね]とか[山]とか[多量]
って意味があるので「エラーの山」とか「大量のエラー」
みたいなことかなぁとも思ったんだけど、

スタックっていうコンピュータ用語もあるんですね。
最後に入れたデータを最初に取り出せるデータ構造……?

このサービスを試してみるには
アカウントを作成する必要がありますが、

トップページの下部にある4枚のスクリーンショットを
拡大して見ることができます。

ウェブ、サーバ、モバイル、デスクトップアプリケーションの
エラーをまとめることができるみたいですね。

メニューから「API」のページに行ってみると、
API を使って自分のエラーを送るようにとあります。

私は開発者じゃないから便利さが現時点では分かりませんが、
興味深いサービスだと思って取り上げてみました♪



posted by れい at 18:04| Comment(0) | マッシュアップサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。